公式ホームページ

西東京市後援
ForeFront第一回公演
「DEAR~傷つくもの達…。」

■作:演出/山田リョウ
■企画:脚色/北川和歌子
■会場:コール田無
■日程
9月8日(金)19:00
   9日(土)15:00 19:00
  10日(日)13:00 17:00

■チケット料金
当日/前売り:2000円
高校生以下:1500円
障害者手帳持参者:無料

チケット購入フォーム

フォーム以外で購入される方は
お名前:住所:連絡先:日時:枚数を記入の上、下記までお願いします

forefront00@10.huu.cc
TEL:080-3483-4382(樋口)
FAX:042-468-7321
カテゴリ
舞台稽古始まりました!!
最近、雨の日が続きますね、お元気ですか?北川和歌子です。
7月3週目のある日、某所にて

いよいよ舞台稽古が始まりました!
画像↓から分かるように、台本に入る前に、役者皆さんでストレッチ!!
d0074544_20242029.jpg


その後、全員で「解離性同一性障害」についてディベートを行ないました。

・解離性同一性障害を認めない、否定派
・解離性同一性障害を認める、肯定派

二つに分かれて討論を開始!!

・「解離性同一性障害は、目に見えないため、実際に人格がいるかどうかの答えは出ないと思う。」

・「人格がいるかいないか証明するコトが大事なのではない。実際にこの病気で悩んでる人達がいる、というのに、薬だけの処方で終わらされている、というのが重大問題なのである。」

・「科学的に証明されない限り、人はこの障害に疑問を持ち続けるだろう」

・「交代するところを見たことがないので、実際にどういう障害なのか想像する事が難しい。」

色々、意見が出ました。

確かに、人間の中から声がするとか、会話が出きる人格が心の中にいる、存在する、という感覚は難しいかもしれません。
しかし、そういう障害で悩んでる人は実際にいるんです。
そして、その声が何なのか分からず、自分は特別におかしいんだ、と思い込み、鬱病になり、違う精神障害にかかってしまう。
また、無知な精神科医の薬だけの処方により、副作用に悩む人もいます。
外国では、解離性同一性障害は 薬では治らない。とおっしゃる医師が沢山います。
しかし日本では、まだまだこの障害を知らない看護師がいる、そういうレベルです。
それが現状。

私達の目的は、とってもハードルが高いでしょう。
その目的を果たすための行動さえ、差別だと言われるかもしれません。

しかし、やはり現状を伝えなければ、何も変わらない。

稽古は始まったばかりです。

しかし、走りだしました。

頑張りましょう☆☆☆
[PR]
by dear_0908 | 2006-07-22 20:37 | 北川和歌子
<< 今日は・・・ 顔合わせ!! >>
トップ