公式ホームページ

西東京市後援
ForeFront第一回公演
「DEAR~傷つくもの達…。」

■作:演出/山田リョウ
■企画:脚色/北川和歌子
■会場:コール田無
■日程
9月8日(金)19:00
   9日(土)15:00 19:00
  10日(日)13:00 17:00

■チケット料金
当日/前売り:2000円
高校生以下:1500円
障害者手帳持参者:無料

チケット購入フォーム

フォーム以外で購入される方は
お名前:住所:連絡先:日時:枚数を記入の上、下記までお願いします

forefront00@10.huu.cc
TEL:080-3483-4382(樋口)
FAX:042-468-7321
カテゴリ
ヒロイン募集
【追加オーディション決定】■2006年9月「コール田無」にて、精神障害を描いた舞台を公演致します。
つきまして、ForeFrontではヒロインを募集します。

■私たち舞台企画製作団体FOREFRONTは、世間に明るみになっていない精神病疾患を取り巻く医療現場の事実を伝えたく、第1回目公演のテーマとして、精神障害の「解離性同一性障害」を取り上げることにしました。

今の精神科の診療は、長い待ち時間を経てやっと診察室へ。
そこで二分程の診察を終えてそして当たり前のように薬をもらいに行く投薬治療がほとんどです。カウンセンリグを 受けたくても保険が利かないため、高い治療費に諦めてしまう。
「投薬が精神病の治療」として当たり前だと教えられてる患者はどんどん薬の量が増え、そして薬物依存に陥ってるのです。
これは稀な例ではありません。実際に起きている事実です。
日本では治せない精神病があります。それは「解離性同一性障害」。
聞きなれないこの病名、多重人格と言えば分かるでしょうか。現在の日本では専門医が居ないため治療が出来ない病気です。

解離性同一性障害と診断されている方をはじめ、様々な精神障害に悩まされている人の話から共通する部分、それは「幼少期における両親からの影響」でした。
虐待、両親の不仲など、愛が欠けた故に起こっているように見えます。これほど豊かになった日本が失ったもの、それは人間らしく自由に生きられる事、その事実にとても冷たいものを感じます。

解離性同一性障害で苦しむ人を減らすために、専門医の知識を高め、医師の数を増やして欲しい。健常者と呼ばれる人々に、現状の精神科医療・精神障害者の実態を知ってもらい、解離性同一性障害という障害の症状を理解して、そして支えて欲しい。

これが私達の願いです。

■作品詳細
 ・タイトル 「DEAR~傷つくもの達…。」
 ・日  程 2006年9月8日(金)~10日(日) 全5ステージ
 ・劇  場 コール田無 多目的ホール
 ・演  出 山田リョウ
 ・脚  本 北川和歌子
 ・企画制作 ForeFront


■追加オーディションヒロイン募集!

・オーディション日 6月29日(木) 18時~
・場所  杉並区荻窪会議室にて
・対象 女性 18歳~30歳
   (経験不問 事務所、所属者OK)


■Eメールにて、
 「お名前・年齢・性別・住所・電話番号・Eメールアドレス・簡単な自己アピール」等を『ForeFront 舞台「DEAR~傷つくもの達…。」オーディション係』までお送りください。
 アドレス→forefront@aamail.jp

■ホームページでも情報を掲載しています。
http://forefront00.huu.cc/
■「DEAR~傷つくもの達・・・。」特設ページ
http://10.pro.tok2.com/~forefront00/dear_web/
よろしくお願いします。北川和歌子
[PR]
by dear_0908 | 2006-06-15 09:58 | 北川和歌子
<< オーディション2回目 仮チラシで来ました! >>
トップ

サーバー不都合によりメールアドレスを変更致しました。メールでのお問い合わせは forefront00@10.huu.cc までお願いします
by dear_0908